交通事故・後遺障害のご相談は福岡の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せください

弁護士 荒木俊太

弁護士 荒木俊太

交通事故被害者への思い

交通事故は、いつ、誰の身に起こるかわかりません。

懸命に治療をしたにもかかわらず、治療後も痛みが残ったり、体の動作に不自由が生じることがあります。

これが後遺障害です。

ただでさえ交通事故に遭ってショックを受けている中、さらにこれから後遺障害を抱えて生活していかなければならないという精神的・肉体的な負担は非常に大きいと思います。

生活にどのような支障が生じるのか、仕事や家事を続けられるのかなど、さまざまな不安があるでしょう。

そのような状況で、相手方保険会社と賠償金の交渉までご自身で行うならその負担は相当なものとなります。

弁護士 荒木俊太

私たち弁護士は相手方保険会社との交渉を代理で行い被害者の方の精神的負担を減らすとともに、適切な賠償金を受け取るためのお手伝いをすることができます。

後遺障害が残ったときに最も重要なことは、障害の程度に見合う適切な後遺障害等級認定を受けることです。

後遺障害等級認定については過去に多くの裁判例が積み重ねられており、弊所でも数多くの事案を取り扱ってまいりました。

相手方保険会社との交渉にあたっては過去の事例を踏まえた上で、個々の事案に応じた適切な主張をしていく必要があります。

後遺障害等級認定に関するさまざまな判例を検討し、交通事故被害者の方が適切な認定を受けられるよう全力を尽くしてまいります。

どうぞ安心してご相談ください。

経歴・出身

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町出身。

高校まで佐賀で過ごし、三田川小学校、三田川中学校、鳥栖高校を卒業しました。

その後、九州大学への進学と同時に福岡に転居し、九州大学法科大学院を修了するまで福岡で過ごしました。

その後司法試験に合格し、1年間の研修のために再び佐賀で暮らしました。

大学時代に多くの貴重な経験をさせてくれた福岡に恩返しをしたいと思い、福岡に戻ってまいりました。

福岡は食べ物がおいしく、天神・博多などの中心街は活気にあふれている一方で、糸島など自然が豊かで静かに過ごせる地域もあり、とても文化が豊かな街だと感じています。

趣味

体を動かすことが大好きで、小学校からバスケットボールを続けており、いまでも社会人のチームで活動しています。

大学からはバレーボールも始め、空いた時間には友人とバドミントンをするなど、今までいろいろなスポーツをやってきました。

歌うことも好きで、今でもときどき一人でカラオケに行くことがあります。

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

PAGETOP