交通事故・後遺障害のご相談は福岡の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せください

代表弁護士:宮田卓弥

弁護士紹介 宮田 卓弥

弁護士 宮田卓弥

経歴

昭和50年 鹿児島生まれ、高校まで鹿児島在住
平成10年 早稲田大学政治経済学部卒
平成13年 同大学法学研究科修士課程卒 司法研修所入所
平成14年 弁護士登録(福岡県弁護士会) 佐藤・林法律事務所勤務
平成21年 福岡・赤坂にて宮田法律事務所開設
平成25年3月~現在 弁護士法人たくみ法律事務所開設後、現在に至る

おかげ様で弁護士経験10年が過ぎました。

 当初は、建築紛争、医療過誤事件等様々な分野の事件を取り扱っていましたが、最近は、被害者側の交通事故を重点的に扱うようになりました。

 特に、高次脳機能障害、遷延性意識障害(植物状態)といった重度の被害に遭われた方のご家族が、福岡県のみならず九州各県から来訪され、ご依頼をいただくようになりました。

 より多くの知識・経験を得ることで、さらに依頼者の皆様のお役に立てると感じています。

 また、ご依頼を受けた事件について、これまで以上に真摯に取り組むと同時に新しい事柄にも挑戦し、日々全力で過ごし、自己研鑽することで、今までにない法的サービスを行いたいと思っています。

重大事故に関するコラム・解決実績の一部をご紹介いたします

 私の志は個人の皆様方が日々生活をされる中で、複雑な経済関係や人間関係からくる様々な問題の解決のお役に立ちたいと考えています。

 交通事故案件に関しましては、被害者・ご家族が少なくとも経済的な面で無用な苦しみを受けることがないようにしたいという思いから、加害者側の保険会社と徹底的に闘っております。

 依頼者から「相談して良かった」「依頼して良かった」、「これで再出発できます」というお言葉を頂くと、非常にやりがいを感じます。

 そのような解決を目指して、日々努力しています。

仕事へのこだわり

 依頼者の要望を第一に、的確かつ迅速な法的サービスを提供したいと考えています。

 弁護士は法律について専門的能力を持つプロフェッショナルでもあるため、的確なサービスを提供していく所存です。

 しかし、いかに、裁判で勝ったとしても解決に数年も経ってしまっては、依頼者の満足も十分得られない場合があるかと思います。

 そこで、私は、できる限り迅速に解決する手段を模索しながら、依頼者の要望に応えていきたいと考えています。

福岡への愛着

 東京の大学を卒業後、実際に福岡に居住してみて、福岡の住みやすさ、人柄の良さに非常に愛着を感じ、住み続けようと決意しました。

 九州の活動の中心である福岡は、人口約150万人、本社を構える中小企業が5万社もあります。

 その中で、九州の経済、人材の発展のためのお手伝いができればと思っています。

趣味(サッカー・フットサル)

  • 弁護士ワールドカップ2008年、2010年日本代表
  • 福岡県弁護士会サッカー部元キャプテン

 普段、裁判所に行ったり、机に向かって仕事をすることが多いのですが、サッカーをして、体を動かす事により、身体的にも精神的にもリフレッシュできて、仕事の効率も上がっていると実感しています。

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

PAGETOP