事故や怪我の状況

 福岡県福岡市在住の私は交差点において原付バイクで信号待ちをしていたところ居眠り運転をしていた車が後ろから追突してくるという交通事故に遭いました。

 なお目の前の信号は赤信号でした。

 後ろから追突をされたので前の車と挟まれる形となっています。

 すぐに救急車で運ばれ2日ほど昏睡状態になっていました。

 足を複雑骨折・恥骨骨折・骨盤骨折し可動域115度補助120度と診断されています。

 動域制限があるので階段を降りる際には手すりがないと恐怖感があります。

 ジャンプをすることが困難であり右ふくらはぎから足の裏までしびれが残っている状態です。

 また顔を多発骨折し手術を何度も行っているので顔面に醜状痕が残っています。

ご相談内容

 現在まだ治療中の段階で、通院には公共交通機関を利用しています。

 足の怪我については症状固定となりましたので保険会社より先に後遺障害等級申請を行った方がよいと伝えられています。

 後遺障害診断書は取り寄せましたが申請はまだ行っていません。

 なお顔面に醜状痕が残っているのでどのくらいの後遺障害等級認定が妥当なのかを特にお伺いしたいと思っております。

 また、保険会社との示談交渉をお願いできればと考えております。

 今後の後遺障害申請についてその後の相手方との交渉等をお伺いしたいと思いますので何卒よろしくお願い致します。

後遺障害等級認定サポートで後遺障害が認められた解決実績(一部)

等級 事例内容
1級 高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例
14級 後遺障害等級認定サポートでむちうちで14級が認定され、示談で240万円の補償を受けた事例
併合14級 後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例
併合12級 症状固定時期を見極め、後遺障害併合12級認定、1,280万円が補償された事例
7級 子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、福岡の弁護士による交通事故専門特化サイトをご覧ください。

関連ページ

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら