• HOME
  • 後遺障害Q&A
  • 交通事故で残った傷跡が後遺障害と認定されるケースは?(醜状障害)

交通事故で残った傷跡が後遺障害と認定されるケースは?  


 「醜状障害」という後遺障害として認定される可能性があります。

 醜状(しゅうじょう)とは、瘢痕・線状痕・欠損・陥没・変色などの傷跡を言います。
 人目につきやすい部位か、傷跡がどれくらいの大きさなのかにより等級が変わります。簡単に説明すると、次のとおりです。
 
 
○ 外貌(頭部・顔面・頸部)の傷跡
 
「外貌に著しい醜状を残すもの」   7級
「外貌に相当程度の醜状を残すもの」 9級
「外貌に醜状を残すもの」     12級
 
 後遺障害等級(12級)が認定されるのは、顔面部だと10円玉大以上の瘢痕や、長さ3cm以上の線状痕、頭部・頸部だと手のひら大以上の瘢痕等が残ってしまったケースです。
 
○ 上肢又は下肢の傷跡
 
「上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの」 14級
「下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの」 14級
 
○ 日常露出しない部分の傷跡
 
(1)胸部又は腹部
胸部+腹部の合計面積の4分の1以上の瘢痕を残すもの 14級相当
胸部+腹部の合計面積の2分の1以上の瘢痕を残すもの 12級相当
 
(2) 背部又は臀部
背部+臀部の合計面積の4分の1以上の瘢痕を残すもの 14級相当
背部+臀部の合計面積の2分の1以上の瘢痕を残すもの 12級相当
 
 さらに詳しく知りたい方はコチラ
 当事務所の解決実績はコチラ



後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+