• HOME
  • 腰椎・頚椎・胸椎の圧迫骨折等による後遺障害

腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)の圧迫骨折等の後遺障害

脊柱骨折のところでもご説明いたしましたが、頚椎、胸椎、腰椎は脊柱の一部です。脊柱が骨折すると手足にしびやれ麻痺(マヒ)といった神経症状が現れることがあります。

交通事故による大きな外力で脊柱骨折が発生した場合、骨折に加え脊椎の脱臼(だっきゅう)を伴うこともあります。そして背骨の配列が乱れ、脊髄や神経を圧迫した場合、上肢や下半身の麻痺(まひ)が症状として現れます。


頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害

等級 認定基準
6 級 5 号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
8 級 2 号 柱に運動障害を残すもの
11 級 7 号 柱に変形を残すもの

6級5号について

「脊柱に著しい変形を残すもの」とは、X線、CTまたはMRIなどの画像から、脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものになります。

①脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し、後彎が生じているもの

②脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少し、後彎が生じると共に、コブ法による側彎度が50度以上となっているもの


「脊柱に著しい運動障害を残すもの」とは、次の3つのうちいずれかにより頚部および胸腰部が強直したもののことを指します。

①頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがX線写真等により確認できるもの

②頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われたもの

③項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

8級2号について

「脊柱に運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

①次のいずれかにより、頚部および胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの
・ 頚椎、あるいは胸腰椎に脊椎圧迫骨折等が残っており、X線写真等により確認できるもの
・ 頚椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの
・ 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

② 頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたもの

11級7号について

「脊柱に変形を残すもの」とは、脊椎圧迫骨折等を残しており、X線写真等により確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものになります。

①脊椎圧迫骨折等を残しており、X線写真等により確認できるもの

②脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く)

③3個以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの

ただ、11級7号の障害については、医学的に労働に影響がないとの文献もあり、保険会社は、逸失利益を認めてこない可能性があるので、注意が必要です。

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

アクセスアクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+