交通事故・後遺障害のご相談は福岡の弁護士法人たくみ法律事務所にお任せください

弁護士紹介:壹岐晋大

弁護士 壹岐晋大

弁護士壹岐晋大

経歴・出身

 山口県美祢市生まれです。

 山口県内を転々とした後、大阪で6年間、東京で7年間生活し、平成23年から福岡に住んでいます。

 現在実家は北九州の小倉にあります。各地を転々としましたが、福岡の人は本当に人柄も良く、食事もおいしく、とても住みやすい場所だと実感しています。

交通事故被害者への思い

 交通事故は悲惨なもので、ある日突然、あなたを傷つけ、自由、財産を奪い、あるいはあなたの大切な人を奪います。

 しかし、奪われたものは戻ってこないばかりか、十分な補償を得ることができていない方が多数いらっしゃり、被害者の方たちの苦痛、不安は計り知れません。

 そのような状況下で、保険会社に一人で立ち向かっていくのは心身ともに疲弊しきってしまいます。

 私たちは、そのような依頼者の方々に正当かつ十分な補償がなされるべく、完全に被害者側に寄り、全力で手助けをします。

 そして、被害者やご家族の悲しみや苦労を理解した誠実な対応、常に冷静な視点に立ち、最良な解決策を見出すとともに、それを実現させるためのサポートを徹底する。

 そのような弁護士であるよう心がけています。

 また、交通事故問題は、単なる法律知識のみならず、医学的な知識や保険に関する知識など高度で専門的な知識や調査が必要となる難しい分野です。

 そのため、新裁判例の検討や講演会への参加等日々研鑽を怠らないよう、努力しています。

 経験した中には、医師から「症状の原因が分からない」と言われた被害者の方でも、他の医師も含めて何度もヒアリング、医証の収集をした結果、症状の原因が特定され後遺障害の認定を獲得した事例や、保険会社から「すでに治っている」として事故から3ヶ月で治療を打ち切られた被害者の方で、治療の必要性を感じ、自費でなんとか通院を継続していただき、その結果、後遺障害を獲得した事例などがあります。

 このような経験は、通常はあきらめてしまいそうな事例でも、あきらめずに依頼者にとって最大限の利益を獲得できたと実感することができ、またこのような瞬間のために、日々努力しています。

 多数の交通事故案件に携わらせていただく中で、交通事故とは、単なる損害額を計算し交渉するだけではなく、症状の軽重関わらず被害者の痛みの声に直接向き合って、被害者にとって適正な賠償額算定のためにはどうするべきかという視点を日々忘れないように心掛けています。

趣味

 小学校から高校まで野球をしていました。高校では硬式野球部に所属しており、厳しい練習で心身ともに鍛えられました。

 今でも弁護士会の野球部に所属しています。

 高校時代に比べて、体力の減退が著しく、それが許せないので、たまにジムで走っています。

 福岡マラソンも走りました。

重大事故の解決実績(一部)

講演実績(一部)

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

PAGETOP