• HOME
  • 後遺障害相談実績
  • 過失割合についてと、後遺障害の申請から認定までの流れを弁護士に相談したいという事例

過失割合についてと、後遺障害の申請から認定までの流れを弁護士に相談したいという事例

事故状況・傷害の内容

 佐世保市在住の私は、仕事に行くためにバイクで国道の先頭を直進中、右側の細い道から突然飛び出してきたバイクと衝突しました。

 事故後、病院で右の頬骨骨折、右上顎骨折、右眼窩骨折、外傷性頚部腰部症候群と診断され15日程入院しました。

 自覚症状としては、顔面の痺れや知覚鈍麻、かゆみを感じかいてもとれない、触っている場所と違う場所を触られている感じがするといった症状があります。

 その為、退院後も病院及び整形外科に8ヵ月程通院しています。


相談内容

 謝罪等を含め相手方から何も連絡がなかったので、妻に警察署に連絡してもらい、初めて加害者の名前や保険会社について知ることとなりました。

 具体的に何対何とは聞いていないですが、相手方より過失について言われました。

 しかし、具体的な過失割合は分かっていません。

 私の事故状況ですと何対何になるのか知りたいです。

 後遺障害の申請についても、治療終了後、行いたいと考えています。

 申請から認定までの流れや、何級の認定見込みがあるか教えていただきたいです。

 事故後数日してからインターネットで交通事故の後遺障害について検索したところ、こちらのホームページが出てきました。

 過失割合と後遺障害について弁護士の方に詳しくご相談出来ればと思い、伺いました。


後遺障害等級認定サポートで後遺障害が認められた解決実績(一部)

等級 事例内容
1級 高次脳機能障害で後遺障害1級1号に認定され、近親者慰謝料も補償された事例
14級 後遺障害等級認定サポートでむちうちで14級が認定され、示談で240万円の補償を受けた事例
併合14級 後遺障害等級認定サポートで併合14級が認定され、受任後半年でスピード解決した事例
併合12級 症状固定時期を見極め、後遺障害併合12級認定、1,280万円が補償された事例
7級 子供の醜状痕について裁判せずに逸失利益が認められ適正な補償を受けた事例

その他の解決実績も多数掲載しておりますので、是非、福岡の弁護士による交通事故専門特化サイトをご覧ください。

むちうちでお悩みの方へ


関連ページ


後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

夜間法律相談実施中

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

相談票のダウンロードはこちら

対応エリア

事務所所在地

外観

クリックで地図を拡大

アクセスマップ 北九州外観
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+