Q.交通事故によりトイレが近くなること(頻尿)がありますか?

A.首、腰への衝撃により、頻尿が生じることがあります。


1.後遺障害としての頻尿

 首から腰にかけては神経がとおっており、その中には、膀胱の働きをつかさどる神経も含まれます。

 したがって、交通事故で首や腰を打った場合には、打ちどころによっては膀胱の働きをつかさどる神経が傷つくことがあり、頻尿(尿が近くなること)や排尿障害(尿が出にくくなること)につながることがあるのです。

 このように神経の働きがうまくいかなくなった膀胱を、神経因性膀胱と呼びます。

2.後遺障害としての「頻尿」とは

 交通事故で頻尿の症状が残った場合には、11級の後遺障害として認められることがあります。(11級10号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの)

 しかし、後遺障害として認められるためには、少なくとも以下のような事情が必要です。

  • (a)器質的病変による膀胱容量の器質的な減少または膀胱若しくは尿道支配神経の損傷が認められること
  • (b)日中8回以上の排尿が認められること
  • (c)多飲等の他の原因が認められないこと

 上記(a)の立証は、MRIなどの画像のほか、「ウロダイナミクス検査」という膀胱の神経の働きをチェックする検査によって立証します。

 しかし、事故による頻尿は、なかなか気づきにくいことがあるようです。

 例えば、交通事故で、首や腰を打っている場合には頸椎捻挫(むちうち)などの傷害を負っていることが多く、そちらの治療に専念して、頻尿の症状について医師に相談していない場合があります。

 頻尿は加齢でも起こることもあって、交通事故による影響に気づかないこともあります。

 もし、事故後にトイレが近くなったと感じたら、事故の影響をうたがって、まず、医師に相談するべきです。

 頻尿の場合に限らず、交通事故にあった場合は自分の症状をありのままに話し、診断書やカルテに残してもらうことはとても重要なことです。


よくある後遺障害に関するQ&A一覧

No よくあるご質問
1 交通事故によるむちうちで後遺障害が認定されるケースは?
2 腰椎圧迫骨折による脊柱変形で後遺障害が認定されるケースは?
3 身体障害者が交通事故に遭った場合の後遺障害はどうなるのでしょうか?
4 膝周辺の骨折で後遺障害が残るケースは?
5 後遺障害を負った被害者の家族の精神的苦痛は賠償されないのですか?
6 交通事故で複数の後遺障害が認められる場合の認定方法は?
7 鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤の骨折と変形障害
8 肩の骨折がないのに後遺障害が認定されるケース(腱板損傷・関節拘縮)
9 交通事故で残った傷跡が後遺障害と認定されるケースは?(醜状障害)
10 交通事故による手指の切断(欠損)や硬直等の後遺障害認定は?
11 交通事故で肺挫傷、血気胸等の傷害を負った場合の後遺障害は?
12 交通事故による鎖骨の骨折で後遺障害が認定されるケースは?
13 交通事故による嗅覚脱失・減退で後遺障害が認定されるケースは?
14 下肢短縮が後遺障害として認められるケースは?
15 後遺障害を負った被害者がその後死亡した場合、賠償は変化しますか?
16 交通事故によりトイレが近くなること(頻尿)がありますか?
New! 交通事故に遭ってから耳鳴がするようになりました。後遺障害と認められますか?

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ


後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+