• HOME
  • 後遺障害Q&A
  • 肩の骨折がないのに後遺障害が認定されるケース(腱板損傷・関節拘縮)

Q 肩の骨折がないのに後遺障害が認定されるケースは?

 
 腱板損傷や,関節拘縮によって肩の可動域が制限されることがあります。

 事故により,肩の動き(可動域)が制限された場合,その制限の度合いに応じて,8級6号,10級10号,12級6号の後遺障害が認定されます。
 
 このような肩の可動域制限は,鎖骨や上腕骨の方に近い部位が骨折した場合に生じることが多いですが,骨折がなくても,また骨折がきれいに治っても,生じることがあります。


 

1 腱板損傷
 腱板とは,肩を動かすための筋肉と腱の集合体です。
 交通事故で,肩をぶつけるほか,手をついて転倒した場合にも腱板が痛めてしまうことがあります。
 腱板が完全に断裂してしまった場合には腕は上がらなくなりますし,損傷にとどまる場合でも,肩の可動域に制限が出ます。
 
 腱板の損傷は,レントゲンにはうつりません。エコーやMRIでの検査によって確認します。
 したがって,事故直後にレントゲンの検査しか受けていないという場合には,腱板損傷による肩の可動域制限を見落としてしまうことがあるので注意が必要です。


 

2 関節拘縮
 「骨折した肩の骨がきれいにくっついているのに肩が動かない」という場合には,「関節拘縮」という状態になって,肩が動かなくなっている可能性があります。
 
 関節拘縮とは,関節の周辺の筋肉が固まってしまい,関節が動かせなくなることです。
 関節部をギブスで固定するなどして,関節を長期間動かさなかった場合に,関節拘縮が起こることがあります。
 
 関節拘縮は,筋肉の硬直で起こる可動域制限であるため,レントゲンには映らず,むしろレントゲンではきれいに治った骨折のみが映ることになります。
 しかし,関節拘縮による可動域制限も後遺障害として認定されます。(大阪地裁平成24年5月17日,当事務所の解決事例はこちら
 
 
 上記のような腱板損傷,関節拘縮は,レントゲンにはうつらないため,見落としの危険があるといえます。
 レントゲンに異常がなくとも,事故後に肩の可動域制限が出ていればMRI検査で異常はないか,ギプスが取れた後に肩の可動域制限が出ていれば関節拘縮の疑いがないか,それぞれ検証するべきです。

 

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+