Q 鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤の骨折と変形障害  



 鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤を骨折し、裸体となったときに明らかにわかる程度の変形や欠損が残った場合、「鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨または骨盤骨に著しい変形を残すもの」として12級5号の後遺障害に該当します。
 
 変形や欠損の程度が、レントゲン写真で見て初めてわかる程度のものは、非該当となります。

認定上の注意点
 立証は、変形部位の写真とレントゲン写真で行います。
 
・肋骨の骨折の場合、一般的な治療は胸部をバストバンドで固定するだけなので、変形が生じやすいです。なお、変形は、肋骨全体を一括して扱い、いくつ変形があってもひとつの後遺障害となります。

・鎖骨骨折後、癒合不全で偽関節が生じているときは、変形障害として扱われます。

・骨盤には尾骨は含みません。

認定後の注意点
 仮に変形障害として後遺障害等級認定がされたとしても、示談交渉及び裁判上では、労働能力喪失率が争点となることが多く、現実的な労働への影響を主張立証して争う必要があります。

当事務所の実際の解決実績はコチラ

 

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

夜間法律相談実施中

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

相談票のダウンロードはこちら

対応エリア

事務所所在地

外観

クリックで地図を拡大

アクセスマップ 北九州外観
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+