• HOME
  • 後遺障害Q&A
  • 交通事故で複数の後遺障害が認められる場合の認定は?(併合)

Q 交通事故で複数の後遺障害が認められる場合の認定は?


 
 後遺障害の「併合」という言葉があります。これは、系列が異なる障害が2つ以上認められる場合の認定の方法を指します。
 原則的には、1番重い等級を1~3級繰り上げるという方法がとられます。
 
1 原則
 
 等級の繰り上げにはルールがあります。
①13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合 一番重い等級を1等級繰り上げ
②8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合  一番重い等級を2等級繰り上げ
③5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合  一番重い等級を3等級繰り上げ

 繰り上がりの結果、最大で1級が認定されます。
 14級はいくつあっても繰り上げはなく、併合14級か、一番重い等級になるのみです。
 
(具体例)
13級と13級   ①のルールにより併合12級
13級と7級    ①のルールにより併合6級
8級と5級     ②のルールにより併合3級
5級と5級     ③のルールにより併合2級
2級と5級     ③のルールにより併合1級
8級と9級と10級   ①のルールにより併合7級

※ただし、同一部位の後遺障害は先に併合されます。
 右足関節の用廃で8級、右足指の用廃で9級、肩関節の機能障害で10級である場合、右足の8級と9級とで併合7級とされ、これに肩関節の10級を併合して6級となります。
 
2 例外
 
 後遺障害には、そもそも障害が2つ以上あることを前提とした等級もあり、順序(「序列」)もあります。
 上記繰り上げのルールをそのまま適用すると等級表の序列から考えて不合理な等級となってしまう場合などには、認定等級の調整などの例外的処理がなされます。
 
(具体例)
○両下肢の用廃は1級の後遺障害と定められており、左下肢の用廃(5級)と右下肢の用廃(5級)とを併合して2級となるわけではありません。
 
○右手を手関節以上で失い(5級)、さらに右手に偽関節を残して運動障害となった場合(7級)、上記繰り上げのルールに従うと、3級になるはずです。しかし、右手を肘関節以上で失った場合の等級は4級です。上記2つの障害は、肘関節以上の喪失には達しないとされるので、4級の1つ下の等級の5級相当となります。
 
○右手の中指の用を廃し(12級)、かつ右手の小指を失った場合(12級)は、繰り上げのルールを用いると併合11級になるはずです。しかし、これらの障害は、右手の親指以外の2つの指の用を廃した場合(10級)よりは重いものです。一方、右手の親指以外の2つの指を失った場合(9級)よりは軽いので、10級相当となります。
 
○右下肢に偽関節を残し(8級)、それによって右下肢が1cm以上短縮し(13級)、さらに右下肢に疼痛の神経症状も生じている(12級)、という場合、これらの障害は1つの障害の派生関係にあるものとして、最も上位である8級が認定されるにすぎません。


 

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+