• HOME
  • 後遺障害Q&A
  • 後遺傷害を負った被害者の家族の精神的苦痛は賠償されないのですか?

●後遺障害を負った被害者の家族の精神的苦痛は賠償されないのですか?


 被害者に重度の後遺障害が残った場合には,その近親者(被害者の配偶者,子,両親など)には,慰謝料が発生することがあります。
 
1 判例の考え方
 
 判例では,「被害者が生命を害された場合にも比肩すべき,又は右場合に比して著しく劣らない程度の精神上の苦痛を受けたとき」,被害者の近親者自身が,自らの権利として,加害者に慰謝料を請求できると認めています(最判昭和42年6月13日)。
 
2 近親者に慰謝料が認められる場合
 
 どのような場合に,近親者の慰謝料が認められるかは明確な基準があるわけではありません。
 しかし,裁判例を概観すると,被害者の後遺障害の重さのほか,被害者と近親者との関係,被害者の年齢などが考慮要素となっているようです。
 
 例えば,近親者の慰謝料が認められるケースは被害者が後遺障害のために要介護になった例が多いです。また,この場合に,実際に介護を行う近親者は他の近親者より多く慰謝料が認められる傾向にあります。
 
 後遺障害の等級は低い場合でも(12級),被害者が幼児の場合に,父母に特に慰謝料を認めた裁判例もあります(神戸地判平成8年5月30日)。
 
 大きな傷害を負ったり,重い後遺障害が残存したときは,被害者の近親者の精神的苦痛もおおきいです。
 その精神的苦痛を少しでも軽減するためにも,適切な賠償が望まれます。

 

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+