肩関節の機能障害・鎖骨の変形障害併合において2,706万円の提示額を3,484万円に増額した事例

相談者:男性(50代)/職業 会社員


後遺障害内容(傷害名)・部位:右肩鎖骨関節脱臼・肩


後遺障害等級:肩関節の機能障害、10級10号。鎖骨の変形障害、12級5号。併合9級。


主な自覚症状:右肩が痛く肩が挙がらない。右肩を下にして寝れない。駐車場の券が取れない。


当事務所の示談交渉サポート受ける前と受けた後の違い

賠償項目 示談交渉前 示談交渉後 増額分
後遺障害慰謝料 550万円 690万円 140万円
逸失利益 2,156万円 2,794万円 ※① 638万円
合計額 2,706万円 3,484万円 778万円

※①示談交渉後、逸失利益が下記のように認められました。

基礎年収850万円(実収入)/労働能力喪失率(27%→35%)/労働能力喪失期間(13年間 ※67歳まで)


依頼の経緯

 平成23年に交通事故に遭い、2週間入院した後も通院していたが、抜釘術のため再入院し、その後症状固定したい。保険会社と、後遺症害の認定でもめたくないので、症状固定前に相談・依頼。


結果(後遺障害部分)

 肩が挙がらないということであったため、関節可動域制限を重点に置いて後遺症診断書を取しました。その結果、関節可動域において1/2以下の制限が認められたため10級10号の認定を獲得できました。


 さらに、鎖骨の変形があったため、調査会社へ面談を求めた結果、鎖骨の変形で12級5号も獲得できました。この2つの認定を併合して9級を取得しました。


 後遺障害だけで、上記のとおり、3,484万円を獲得できました。


所感・争点(ポイント)

 この方は、早期に相談があり、症状固定を早めにしたため、とても良い結果になった一例です。


 早期の症状固定により、肩の可動域制限で10級になったことはもちろんですが、鎖骨の変形についても意識し、診断書に鎖骨の変形の記載をもらい、併合9級の認定を受けました。


 10級と9級では、慰謝料で140万円の差が生じます。労働能力喪失率も、27%(10級)から35%(12級)に上がります。この方は、実収入が高かったために、逸失利益で638万円もの差が生じます。合計では、778万円(3,484万円-2,706万円)を失っていたことになりかねない事案でした。


 この事例においても、早い段階での相談、症状固定がポイントになります。


肩鎖骨関節脱臼の説明

右肩鎖骨間接脱臼

その他の肩の解決事例

 福岡 交通事故被害者相談所 部位別解決事例 肩


他の後遺障害の解決事例はこちらから

部位 事例内容
頭部 高次脳機能障害・歯牙障害において、1,667万円の提示額を6,786万円(約4倍)に増額した事例
肩関節の機能障害・鎖骨の変形障害併合において、2,706万円の提示額を3,484万円に増額した事例
膝の後遺障害において、224万円の提示額を1,155万円(約4倍)に増額した事例
頸椎捻挫(むちうち)において、14級・215万円の提示を12級・817万円に増額した事例
頭(目・耳・鼻・口) 顔面打撲後の左顔面の痛み等による神経系統の障害において、0万円の提示額を919万円に増額しいた事例
脊髄・脊柱 腰椎破裂骨折、股関節脱臼骨折に伴う脊柱の変形障害、股関節の関節機能障害において、441万円の提示額を1,750万円(約4倍)に増額した事例
手、肘、腕 腕の尺骨神経麻痺において、224万円の提示額から1,013万円(約4倍)に増額した事例
骨盤~股間節~大股 骨盤骨折に伴う股関節の関節機能障害において、443万円の提示額を1,353万円に増額した事例
下腿~足 足の短縮障害において、139万円の提示額を488万円(約3.5倍)に増額した事例
醜状 顔面部の線状痕・顔面醜状(外貌醜状)において、255万円の提示額を639万円(約2.5倍)に増額した事例

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

CONTENT MENU

対応エリア

弁護士法人 たくみ法律事務所 概要

福岡県福岡市中央区大名1-5-4福岡エースビル5階アクセスはこちら

事務所所在地

外観

クリックすると地図が拡大されます

アクセスマップ
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+