• HOME
  • 症状固定の重要性

「症状固定」の重要性

症状固定とは?

治療を続けても大幅な改善が見込めず、回復・憎悪がなくなった段階を、医学的な意味の「症状固定」と言います。

 

損害賠償上の「症状固定」

損害賠償上は、「症状固定」は、医学的に大幅な改善が見込めないのであれば、いつまでも治療費を加害者側に負担させるは妥当ではなく、症状固定をもって治療期間は終了とし、残存した症状については「後遺障害」として損害賠償の対象という、損害賠償上の都合によるしくみでもあります。

 

医師から症状固定の診断を受ける前は、実務上「傷害部分」と呼ばれています。「傷害部分」として、治療費や休業損害、入通院慰謝料などが請求できます。

症状固定後は、等級認定を受ければ「後遺障害部分」として(上図参照)、逸失利益や後遺障害慰謝料を請求できます。一方、「傷害部分」と同じように治療費や休業損害を請求することはできなくなります。つまり、症状固定とは、賠償上、「傷害部分」の終わりを意味しています。


以上の説明については、下記の図をご参照いただくと、より具体的なイメージをつかめると思います。

 

【症状固定と損害賠償】
image.jpeg

後遺障害についてはたくみ法律事務所へご相談ください

福岡 弁護士 交通事故 お電話でのお問い合わせ メールでの交通事故の相談予約 交通事故の相談の流れ



後遺障害のご相談 後遺障害のご相談

メールでのお問い合わせ

yakan01.jpg

オフィシャルブログ匠への道

facebook banar.png

soudanhyou.png

対応エリア

事務所所在地

外観

クリックで地図を拡大

アクセスマップ 北九州外観
弁護士法人 たくみ法律事務所 福岡交通事故被害者相談所 頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
Google+